2013年7月16日火曜日

番外編:実家の猫たち(2)

こんにちは、ねころ部長です。

猛暑日と熱帯夜が続いて早くも夏本番の様相ですが、いかがお過ごしでしょうか?

我が家の猫たち、とくにルイちゃんは、人間と同じようにエアコンなしでは生きられなくなっています。

エアコンの効いた部屋でムートンラグにて寛いでいます(笑)




さて、今回は以前ご紹介した「実家の猫たち」シリーズの第二弾をお届けします。

ちなみに以前ご紹介したのは熊本の実家で、今回ご紹介するのは埼玉の実家です。

ティーちゃん(メス・14歳)

まずご紹介するのは、サビ猫のティーちゃん。

御年14歳で、埼玉の実家では一番の古株猫です。

とても警戒心が強く、お客さんが来るとすぐに隠れてしまいますが、家族に対してはとても友好的な飼い猫らしい飼い猫です。

ケイちゃん(メス・11歳で死去)

茶トラ猫のケイちゃんは、ねころ部長が中学生の時、ティーちゃんと一緒に拾ってきた姉妹猫です。

3年前に天国へ逝ってしまいましたが、とても明朗で物怖じしない性格の、いわば猫らしい猫でした。

今でも家族の心の中には当時のケイちゃんの面影が残っています。

風ちゃん(オス・3歳)

2年前に近所で保護したオス猫の風ちゃん(本名:風太)は、比較的大柄で毛並みも立派なオスの雑種です。

とても神経質なのか、ごくごく一部の人間とティーちゃんにしか気を許しておらず、家庭内でも野良猫気質が抜けきらないようです。

メイちゃん(メス・3か月)

そんな風ちゃんに、最近になって心許せる後輩猫がやってきました。

それが三毛猫のメイちゃんです。

ねこじゃらしを目で追うメイちゃん

ティーちゃんや風ちゃんのかかりつけの動物病院で保護されていたメイちゃんが我が家にやってきたのは、つい3週間ほど前のこと。

今までに居なかったようなフレンドリーな性格ですっかり実家の一員として定着しています。

さらには前述のとおり、風ちゃんが特別に目をかけているようで、一緒にじゃれあっている姿がたびたび見られます。

--

ねころ部長の家族はみんな動物が大好きで、自宅と二つの実家を合わせると10匹の猫を飼っています。

単なるペットとしての存在を超え、家族の一員として末永く一緒に過ごしたいですね。

--
ねころ部長

今回使用した主な機材

  • smc PENTAX-FA 43mm F1.9 Limited
  • RICOH GXR GR LENS A12 28mm F2.5
  • FUJIFILM FINEPIX X10

2 件のコメント:

  1. 猫に囲まれた暮らしをしてみえましたね

    私は2年半前に
    人生たった一度きり飼った猫ちゃん(6年半いきました)に死なれ(腎不全で)
    それ以来つぎのこを飼う気になれません

    でも猫ちゃんを見るときゅんとしてしまいます
    それでアメーバブログの時から
    ねころ部長さんのルイちゃん、リコちゃんの日々を見るのが楽しみでした
    ブログもお休みされ、どうされたのかなと
    思っていましたら
    久しぶりにアメーバブログを見たら再開のことを知り
    今に至っています
    アメーバはアップするのに時間がかかって私もやめてしまいました
    ちーちゃんのブログというのを書いていました

    今はso-netで「草花散歩2」というお花を主体としたブログをしています
    草花を求めてあちこち行って見た花のことを書いています
    猫ちゃんは見かけたら撮るようにしていますがあまりブログには登場しません
    そんな私ですがよろしくお願いします

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。
      返信が遅くなってしまい失礼しました。

      so-netのブログ拝見しました。
      花や鳥、虫などたくさん撮っていらっしゃって、どの写真も素敵ですね。
      最近の記事ではカワセミの写真が印象的で、良い撮影スポットがあるようで羨ましい限りです。

      ちーちゃんさんも猫を飼われていたのですね。
      なかなか次の猫を飼う気になれないというお気持ち、お察しします。
      私もケイちゃんが死んでしまったときは心底落ち込みました。
      いつの日か気持ちの整理がついたときに、また飼うことができるかもしれませんね。

      削除