2013年6月18日火曜日

レンズのご紹介(smc PENTAX-FA43mmF1.9 Limited)

本日ご紹介するレンズは、ペンタックスが誇るLimitedレンズシリーズの第一弾、FA43mmF1.9 Limitedです。

FA43mmF1.9 LimitedとPENTAX K-7の装着例


キヤノンやニコンといった大手メーカーと比べ、変わった焦点距離の単焦点レンズが多いことで知られるペンタックスですが、その先駆者がこのレンズです。

ペンタックス曰く「フィルムの対角線寸法と等しい焦点距離を持つ真の意味での標準レンズ」だそうで、気合の入った設計になっています。

絞り解放でルイちゃんを撮影

描写は温かみがあって線が太く、しっとりとした銀塩写真を感じさせるものです。

またF1.9と明るいことから、暗い屋内やうるさい背景の場所でも綺麗に撮影することができます。

絞り解放でリコちゃんを撮影

レンズが明るいということは、それだけピントを合わせるのが難しいということになりますが、このレンズも例外ではありません。

しかしピントが合ったときのシャープさと、前後のボケ味は最高で、手に入れたらきっと魅了されることでしょう。

木漏れ日をぼかして撮影

各社とも安価で明るい単焦点レンズを出しているので、持っていて損はないですね。

一例をあげておきますが、どれも2万円以下で買えるようなものばかりで、撮影の幅を広げるのにお勧めです。
  • Canon EF50mm F1.8 II
  • SONY DT 50mm F1.8 SAM
  • Nikon AF-S NIKKOR 50mm f/1.8G
  • PENTAX DA 50mm F1.8
--
ねころ部長 



0 件のコメント:

コメントを投稿